会社運営には資金繰り表の作成が大事です

###Site Name###

会社を経営していく中で売り上げが増加していて、利益も出ているのに資金が足りないということもあります。
その場合には、資金不足になる度に資金繰りを考えなければなりません。



会社の内部に預金があるときには問題ないと言えますが、預金がないときには借入金をしなければならなくなります。



借入金が多すぎると返済していくことが難しくなって倒産ということもあり得ます。この場合には黒字倒産という形になり、場当たり的な損益計算や現金の収支が一致しないことが原因で起こります。
売掛金や買掛金、手形などの信用取引のことも考えなければなりませんので、季節によって利益の変動が大きい会社や、仕入れや経費について支払う期間が通常の会社と異なっているところ、設備投資や借入金額の限度額を決めなければならない場合などでは、資金繰りの管理が会社運営の重要ポイントになります。
資金繰り表の作成には週や月を、3か月、半年、1年単位のものなど、様々な種類があります。会社による資金の状況や運営の規模を考えながら、さまざまな資金繰り表を作成する必要がありますが、実務的な面も考慮に入れて1年間分のものや、3か月間の実績、予想できる資金繰り表などの作成は最低限必要となってくると言えます。

1年間の計画を基に作成する長期的な表においては、年間の資金がやりくりできるのかを判断するものとして使用します。

長期的な表を作成することによって、経営を行っていく上で利益の計画や損益の計画を達成するごとに資金の過不足状態を判断して、取引をしている金融機関に融資を依頼したり、返済計画の報告をすることに使用できます。